ホーム>えこみゅにけーしょんとは
えこみゅにけーしょんとは?



 90 年代になって始まった環境ブームは完全に定着し、企業も行政も「環境」 抜きで語れない時代になりました。大学でも「環境」をテーマにした学部、学科が相次いで設置されてきています。

  しかし、もともと学際的かつ新しいテーマなので、どの大学でどんな研究を やっているのか、非常に分かりにくくなっています。パンフレットを見ても分からないなんてことも多々あります。

  そこで「実際に大学で学んでいる人に直接聞いてみよう。」ということで始まったのが、この「えこみゅにけーしょん」なのです。エコロジーをテーマ に、大学生と高校生の異世代交流を図るということで、「エコ+コミュニケー ション=えこみゅにけーしょん」と名付けられました。



<進路相談会>


 現役大学生がカウンセラーとなり、各大学・学部のブースに来た高校生の質問に答え、自由に話せる場を設けます。
 どのような思いで授業やゼミ、サークル活動等に取り組んでいるかなど、生のキャンパスライフについても触れ、大学で勉強し活動することの面白さを高校生に感じてもらいたいと考えます。

 相談を受けるカウンセラーは、大学3、4回生もしくは大学院生で環境についてゼミなどで学んでいる大学生です。エコ・リーグのネットワークを通じ協力してくている人たちです。

 パンフレットでは得られない生の情報の提供を行います。



<講演会・パネルディスカッション>


 受験をする際には、ついつい大学選びだけに力をいれてしまいがちで、大学に入学した後に何が出来るのか、ということまで考える余裕が無いことが多いのではないでしょうか?

 そこで講演会・パネルディスカッションを通して、実際に大学を卒業した後どういう道があるのか、また学生でも出来る活動(学内活動・学外活動)とは何なのかを伝えます。



<クイズやミニゲーム>(開催地により異なります)


 関西の2会場では、環境に関するクイズを行います。このクイズでは、参加者の方と大学生カウンセラーが一緒にチームを組むことでより話しやすい雰囲気作りをします。また、参加者同士が互いに話をして、打ち解け合いえる場を提供します。そしてこの交流会により、大学進学後も情報交換できるようなネットワーク作っていただきたいと思います。



<スタッフ>


 えこみゅにけーしょんは大学生を中心とした有志によって運営されています。みんな、大学進学時に自分自身が悩んだ経験をもつメンバーです。高校生の皆さんの不安・悩みを少しでも解消して、希望をもってそれぞれの進路を見つけていただける手助けをしたいと思っています。


 

© 2000-2007 Eco-League All rights reserved